天然繊維のカーテンの特徴

リネン(麻)のカーテンのメリットとデメリット

小物や衣服、寝具に至るまで今やリネンは大人気の素材ですが、昨今はカーテンにも使用されるようになりました。何といってもサラッとした触り心地が人気の一番の理由だと思いますが、リネンのカーテンのメリット、デメリットについて具体的に見ていくと、速乾性が非常に高く丈夫で長持ちすることがメリットの一つに挙げられます。さらに、耐熱性、耐水性に優れていて、通気性、透湿性、吸水性も兼ね備えていることもメリットでしょう。デメリットとしては、シワになりやすいこと、お洗濯の際に縮みやすいこと、水分含有量の変化で伸び縮みが発生することが挙げられます。また、優雅なドレープが出るような素材ではないので、シンプルな印象になってしまうということです。

コットン(綿)のカーテンのメリットとデメリット

衣服や下着をはじめ、私たちの生活のあらゆるシーンで欠かすことができない天然繊維、コットン。最近ではコットンのカーテンも登場するようになりました。柔らかな肌触りと素朴な風合いが魅力のコットンカーテンですが、そのメリットは、よく染まる素材であることからプリントが可能であるということです。また吸水性に優れ、丈夫であること。そして、何といっても肌触りがよいということですね。デメリットとしては、お洗濯の際の摩擦で毛羽が立ってしまいやすいこと、カビがつきやすいこと、シミになりやすいこと、色移りしやすいことなどが挙げられます。また、日光に長時間さらされると黄色く変色してしまうことがあるので、注意が必要です。